韓国ドラマ『涙の女王』の配信情報|キャスト・あらすじ・相関図・OST【まとめ】

Uncategorized

2024年3月9日から放送を開始した新ドラマ『涙の女王』が面白いと話題です!

『涙の女王』はキム・ジウォン×キム・スヒョンのエモーショナルなストーリー。

離婚危機を彷彿とさせるキービジュアルにも注目が集まっています。

ゆいみ

オープニングのキスシーンが・・・・・・控えめに言って最高♡と思ったのは私だけじゃないはず!オマージュあり、ユーモアあり、感動ありの期待度の高いドラマですね。

  1. 『涙の女王』の基本情報
    1. 視聴可能な配信サービス
  2. 『涙の女王』のキャスト一覧|主要キャスト
    1. 主演|ペク・ヒョヌ役【キム・スヒョン】
    2. 主演|ホン・ヘイン役【キム・ジウォン】
    3. ユン・ウンソン役【パク・ソンフン】
  3. 『涙の女王』のキャスト一覧|クイーンズ家の人たち
    1. ホン・スチョル役【クァク・ドンヨン】
    2. チョン・ダヘ役【イ・ジュビン】
    3. ホン・マンデ役【キム・ガプス】
    4. モ・スルヒ役【イ・ミスク】
    5. ホン・ボムジュン役【チョン・ジニョン】
    6. キム・ソンファ役【ナ・ヨンヒ】
    7. ホン・ボムジャ役【キム・ジョンナン】
  4. 『涙の女王』のキャスト一覧|ヒョヌの家族たち
    1. ペク・ドゥグァン役【チョン・ベス】
    2. チョン・ボンエ役【ファン・ヨンヒ】
    3. ペク・ヒョンテ役【キム・ドヒョン】
    4. ペク・ミソン役【チャン・ユンジュ】
  5. 『涙の女王』のキャスト一覧|龍頭里の人たち
    1. カンミ役【パク・ソニョン】
    2. バンシル役【イ・スジ】
    3. ヒョンジョン役【イ・ジヘ】
  6. 『涙の女王』のキャスト一覧|そのほかの人たち
    1. グレイス・コ役【キム・ジュリョン】
    2. ナ秘書役【ユン・ボミ】
    3. キム・ヤンギ役【ムン・テユ】
    4. ヒョヌの秘書役【チョン・ジファン】
    5. カメオ出演|ソン・ジュンギ
  7. 『涙の女王』の相関図
  8. 『涙の女王』のあらすじ
  9. 『涙の女王』のOST
  10. 『涙の女王』の感想
    1. 人気度をチェック
    2. おすすめポイントをチェック
  11. 『涙の女王』が好きな方におすすめのドラマ
    1. 『涙の女王』と似ているドラマ
    2. 『涙の女王』のキャストが出演しているドラマ

『涙の女王』の基本情報

涙の女王の公開ポスター(キム・ジウォン×キム・スヒョン)
https://www.oricon.co.jp/news/2317173/full/
日本語タイトル涙の女王
韓国語タイトル눈물의 여왕
英語タイトルQueen of Tears.
放送開始2024年3月9日(土)
チャンネルtvN
放送回数16回
主演キム・ジウォン
キム・スヒョン
原作オリジナル
脚本パク・ジウン
演出チャン・ヨンウ
キム・ヒウォン
ジャンルラブストーリー

『涙の女王』は、人気韓国ドラマ『愛の不時着』でともに演出を務めたチャン・ヨンウとパク・ジウンがタッグを組んだ期待のドラマです。

視聴可能な配信サービス

日本国内で『涙の女王』を配信しているのは、下記のサービスです。

  • U-NEXT :配信未定
  • NETFLIX:配信中
  • Amazon プライムビデオ:配信未定
  • Hulu:配信未定
  • DMM TV:配信未定
  • ディズニープラス:配信未定
  • ABEMA:配信未定
  • TELASA:配信未定
  • Lemino:配信未定
  • FOD:配信未定
ゆいみ

2024年3月10日現在、NETFRIXで配信中です!3月9日から毎週配信されるので、次回の展開にワクワクさせられますね♡

『涙の女王』のキャスト一覧|主要キャスト

まずは、涙の女王の主要キャストをご紹介します。豪華俳優が勢揃いしていると話題の『涙の女王』の主要キャストには、下記の俳優陣が抜擢されています。

主演|ペク・ヒョヌ役【キム・スヒョン】

『涙の女王』でペク・ヒョヌを演じるキム・スヒョン
https://tvn.cjenm.com/ko/queenoftears/

・35歳
・ホン・ヘインの夫
・ヨンデゥリ(龍頭里)出身
・クイーンズグループの法務取締役
・クイーンズグループの百貨店法務チーム長
・ソウル大学法学部のロースクールを卒業

クイーンズグループの法務理事を努めており、クイーンズ百貨店法務チーム長ペク・ヒョヌ。スマートでルックスも抜群。高貴なオーラを持つ彼は、クイーンズグループの娘と結婚する。しかし、3年後には離婚を望む結末に。

ペク・ヒョヌ役を務めるのは、圧倒的な演技力を持つキム・スヒョンさん。端正なルックスからモデルとしても活躍し、一見クールなイメージを持っていますが、キュートな笑顔のギャップに心惹かれる女子が多数!

最高視聴率33.2%を誇る『星から来たあなた』では、宇宙人役で演技力の高さを披露しハマり役と話題に。いまや韓流スターとして、アジアをはじめ多くの地域で熱狂的なファンダムを形成しています。

今回は「逆玉の輿」に恵まれながらも、財閥や会社での人間関係に苦悩する役に抜擢。ロマンス要素も多い今作では、キム・スヒョンならではの「かっこいい」と「かわいい」のギャップを堪能できるかもしれません。

主演|ホン・ヘイン役【キム・ジウォン】

『涙の女王』で主演のホン・ヘインを演じるキム・ジウォン
https://tvn.cjenm.com/ko/queenoftears/

・34歳
・ペク・ヒョヌの妻
・財閥クイーンズグループの3代目
・クイーンズグループの常務取締役
・クイーンズグループの百貨店 社長

クイーンズグループの常務取締役であり、クイーンズデパートの社長。インターンとしてのスパイ活動をきっかけに、ペク・ヒョヌと恋に落ちて結婚する。絶対君主で高貴な女王。常に高い飛躍を夢見ている。夫婦生活を続けていくうちに、夫と仕事での価値観が合わなくなった矢先、思いがけない出来事が起こる。

高飛車な財閥を演じるのは、多くの人気作品に出演しているキム・ジウォンさん。男女ともに魅了する美貌を持ちながら、演技力も高く評価されています。あるインタビューで「普段は何事にも慎重」と話していましたが、今回は実際の性格と真逆の役どころを演じていますね。

キム・ジウォンさんと言えば、ドラマスタッフからの評価が高い女優として知られています。誰にでも公平に接し、礼儀正しい姿が周囲から称賛されているキム・ジウォンさん。『太陽の末裔』では、美しすぎる軍医役の虜になった方も多いのではないでしょうか。

今作は2022年『私の解放日誌』以来のドラマ出演。ぎこちなく寂しい人生を送るヨン・ミジョンから一変し、『涙の女王』では財閥令嬢に。クールな雰囲気で周囲を圧倒する演技に注目です!

ユン・ウンソン役【パク・ソンフン】

https://tvn.cjenm.com/ko/queenoftears/

・34歳
・著名な投資家
・クイーンズ家と縁のある人物
・ウォール街のアナリスト出身

M&A専門家であり、ウォール街のアナリスト出身。投資家としても有能であり、財閥3世の救世主となる存在。たまに韓国に出入りしている謎の多い人物。

M&A専門家を演じるパク・ソンフンさん。2021年放送の『たった一人の私の見方』で演じたハイスペックな歯科医チャンコレ役のイメージが強い方も多いのではないでしょうか。

一方で、2023年放送の『ザ・グローリー ~輝かしき復讐~』ではいじめの主犯格である暴君を演じて話題に。これまで、甘い演技から極悪非道な演技まで、ガラリと雰囲気の異なる人物を演じてきたパク・ソンフンさん。

今作では謎の多い役で視聴者を魅了してくれるでしょう。カメレオン俳優と呼ばれるパク・ソンフンさんの役どころに注目です。

『涙の女王』のキャスト一覧|クイーンズ家の人たち

今作のストーリーの中心ともなるクイーンズ家のキャストをご紹介します。

ホン・スチョル役【クァク・ドンヨン】

韓国ドラマ『涙の女王』でホン・スチョル役のクァク・ドンヨン
https://tvn.cjenm.com/ko/queenoftears/

・33歳
・へインの弟
・クイーンズマートの代表
・クイーンズグループ専務理事
・へインと正反対のチョン・ダヘと結婚
・へインから横柄な態度を叱られている

クイーンズマートの代表であり、グループの専務理事を務めるホン・スチョル。完璧な妻イ・ジュビンと結婚して幸せな生活を送っている。一方で、能力の高い姉へインのプレッシャーに打ち勝てず、自信喪失している一面も。被害者意識が強く、常にクイーンズ家からの疎外感を感じている人物。彼の夢は1歳の息子と質素に生活すること。

自身が無能だと自覚しながらも、どこか愛せるキャラクターのホン・スチョルを演じるのは、クァク・ドンヨンさん。歌手の練習生という経歴を持ちますが、2012年からは本格的に俳優として活動しています。『ヴィンチェンツォ』や『魔女たちの楽園~二度なき人生~』など、多くのヒット作に出演。

ユーモアな役どころを演じることが多いクァク・ドンヨンさんですが、本人もユーモア溢れる人間性を持っています。インスタグラムではファンとの質問に手書きで答えるなど、交流を楽しむ様子もたびたび見受けられています。

男性ファンの支持も厚いクァク・ドンヨンさん。今回も『ヴィンチェンツオ』同様に、憎めないキャラクターを演じるのではないでしょうか。

チョン・ダヘ役【イ・ジュビン】

https://tvn.cjenm.com/ko/queenoftears/

・31歳
・ホン・スチョルの完璧な妻
・由緒ある学者一家の出身では博学多才
・スチョルとの間に1歳の息子がいる
・クイーンズ家の人々に愛されている

上品で優雅、礼儀正しく多彩な知識を持つ人物チョン・ダヘ。朝食では誰よりも先に現われ、ホン会長を楽しませる。柔軟な態度でクイーンズグループ家の大人たちに気に入られており、夫のホン・スチョルとも夫婦円満である。

『涙の女王』で美しく完璧な女性を演じるのは、イ・ジュビンさん。DSPメディアの元練習生という経歴を持ち、女優としては多くの人気作品に出演。多くの作品で、明るく元気な役を演じている印象がありますね。

女性らしい雰囲気を持つイ・ジュビンさんですが、実際の性格はおおらかで男らしい一面もあるのだとか。あるインタビューでは「アクションに挑戦したい」と意気込む姿も見せています。

『その男の記憶法』や『月水金火木土』など、ドラマの盛り上げ役として高い演技力を披露しているイ・ジュビンさん。今作ではヒョヌ×へインの恋模様とともに、スチョル×ダヘ夫婦の恋模様も描かれるので注目したいですね。財閥に嫁いだ完璧な女性として、どんな演技を見せてくれるのでしょうか。

ホン・マンデ役【キム・ガプス】

韓国ドラマ『涙の女王』でホン・マンデ役を務めるキャストのキム・ガプス
https://tvn.cjenm.com/ko/queenoftears/

・80歳
・クイーンズグループの会長
・へインの祖父

クイーンズグループの会長であり、ヘインの祖父。「金さえあれば鬼も臼をひく」という信念のもとにクイーンズグループを立ち上げた人物。財産が増えるほど人を信用できなくなるが、愛人には厚い信頼を置く。

財閥の会長を演じるのは、キム・ガプスさん。1994年の映画『太白山脈』でデビューして以来、さまざまな役を演じています。特に時代劇への出演が多いため、王としてのイメージが強い方も多いのではないでしょうか。

一方で、悪役を演じることも多いので、その演技にゾクッとした方も多いかもしれませんね。年齢を重ねるたびに、渋くてかっこいい姿を見せてくれるキム・ガプスさん。今作では亡き妻と愛人との関係、会長としての立場と発言、そのすべてが気になるところです。

モ・スルヒ役【イ・ミスク】

韓国ドラマ『涙の女王』でホン・マンデ会長の同棲相手モ・スルヒ役を努めるイ・ミスク
https://tvn.cjenm.com/ko/queenoftears/

・65歳
・30年間、会長と一緒に暮らす
・会長の愛人

会長のホン・マンデと30年間一緒に暮らす愛人のモ・スルヒ。結婚と求めたり、自我を通したりせず、会長からの信頼が厚い。会長が死んだら冷遇されると周囲から忠告されるが・・・・・・。

ホン家の中で、どの女性陣よりもうわてな人物。ミステリアスな雰囲気を持ち、心の内が読めない愛人役を務めるのは、イ・ミスクさん。年を重ねるごとに美しさをまとっており、美魔女として多くの女性の憧れとなっている存在です。

離婚歴のあるイ・ミスクさんは、自身を家庭的ではなく「仕事一筋」だと公言しています。とはいえ、現在は2人の子供の母であり、母親役も多くこなしているイ・ミスクさん。これまでに多くの賞を受賞し、その演技力にも定評があります。

2010年に放送された『シンデレラのお姉さん』では、男と金に溺れた母親を演じて話題に。2012年放送の『ラブレイン』では複雑な大人の恋愛模様で視聴者を魅了しました。

今作で演じるモ・スルヒは、会長からの愛を一途に受ける「愛人」でありながらも、決して前には出ないしおらしさに、恐怖すら抱いてしまう人物です。心の読めない謎多き愛人をどのように演じるのか注目ですね。

ホン・ボムジュン役【チョン・ジニョン】

韓国ドラマ『涙の女王』でホン・ボムジュン役を務めるチョン・ジニョン
https://tvn.cjenm.com/ko/queenoftears/

・57歳
・会長の息子
・ヘインの父
・クイーンズグループの副会長
・権力への執着がない
・裏切りに敏感
・ヘインに対する愛が強い

ヘインの父であり、クインズグループの副会長。争いを嫌う性格で、権力を欲しない人物だが、裏切られることを極端に嫌う。ホン会長とは違い、家庭的で子供への愛情が強い。

家族思いの良い父親ではあるものの、娘ヘインへの愛が強すぎるあまり、将来の子供の名前まで決めてしまう勝手ぶりを見せるホン・ボムジュン。どこか臆病な一面を持つ彼を演じるのは、俳優のチョン・ジニョンさん。

チョン・ジニョンさんといえば、『トンイ』で補盗庁の従事官を演じていたイメージが強いのではないでしょうか。チョン・ジニョンさんはスマートな見た目と同様に、スマートな学歴を持つ俳優です。国内で最難関と言われるソウル大学の国文学科を卒業しており、俳優業以外にも、演出家・作家・シナリオライターとして活躍しています。

今作で財閥役に選ばれたのも、どこか納得できますよね。昔は、「知的なイメージが強すぎて俳優人生にマイナスの影響を与えている」とも言われていましたが、現在はさまざまな役をこなす演技派俳優として知られています。重要な役どころを担当することの多いチョン・ジニョンさん。今作ではどんなキャラクターを見せてくれるのか期待です。

キム・ソンファ役【ナ・ヨンヒ】

韓国ドラマ『涙の女王』でキム・ソンファ役を務めるナ・ヨンヒ
https://tvn.cjenm.com/ko/queenoftears/

・56歳
・ヘイン母
・クイーンズデパートVIPクラブを運営
・娘ヘインの結婚に反対
・息子スチョルを溺愛

クイーンズデパートのVIPクラブを運営する人物であり、スチョルの母親。ヘインとの関係は悪く、スチョルが怒られる度にヘインのせいにする性格の持ち主。

ヘインの癖のある母親キム・ソンファを演じるのは、女優のナ・ヨンヒさん。年齢不詳とも呼ばれるナ・ヨンヒさんは、年を重ねるごとに美しさを増している「美魔女女優」として有名です。

ナ・ヨンヒさんは2度の結婚と離婚を経験しているほか、キャスティングの影響もあり「強い女性」のイメージがある方も多いのではないでしょうか。実際に、長い女優人生では数多くの苦悩を乗り越えて現在の地位を手にしていますから、本当に芯の強い女性なのでしょう。

近年は、母親役としてのイメージが強いナ・ヨンヒさん。2014年放送の『星から来たあなた』では天真爛漫なチョン・ソンイの母、2016年放送の『青い海の伝説』では天才詐欺師ホ・ジュンジェの母、2019年放送の愛は『ビューティフル・人生はワンダフル』ではホン・ユラの母を演じています。

ナ・ヨンヒさんのナチュラルな美しさが、母親役にマッチするのかもしれませんね。今作では、娘に厳しく息子に甘い母親役を演じるナ・ヨンヒさん。物語にどんなスパイスを加えてくれるのか楽しみです。

ホン・ボムジャ役【キム・ジョンナン】

『涙の女王』でホン・ボムジャ役のキム・ジョンナン
https://tvn.cjenm.com/ko/queenoftears/

・53歳
・ヘインの叔母
・ホン会長の末娘
・会長の愛人の天敵

ヘインの叔母で、虎模様の服がトレードマーク。ホン会長の末娘。母親の死の原因をモ・スルヒだと疑い、会長の愛人であるモ・スルヒとは敵対している。父である会長とも不仲。至らない家族の関係を見てきた彼女は、愛など存在しないと信じている。しかし、実はさみしがり屋な一面もあるため、さまざまなシーンで感情が揺れ動く。

狂気を感じる行動を取るヘインの叔母ホン・ボムジャを演じるのは、女優のキム・ジョンナンさん。名バイプレイヤーとして有名なキム・ジョンナンさんは、これまで多くの作品に出演し、その存在感で作品を盛り上げてきました。

また、2019年にインスタにアップした1枚の写真をきっかけに、「自撮りの女王」とも呼ばれています。現在はインスタをしていませんが、その私生活にも注目が集まるキム・ジョンナンさん。ARMY(BTSのファン)であることも公言しており、BTSがビルボード1位になった際には歓喜のインスタを更新していました。

今作でも初回から存在感は抜群。『愛の不時着』で見せた村人としてのイメージとは一変、虎のような強い女性を演じて話題になっています。回が進むごとに見せてくれる、ホン・ボムジャのさまざまな表情に注目です。

『涙の女王』のキャスト一覧|ヒョヌの家族たち

財閥に婿入りしたヒョヌの味方となる存在、ヨンドゥリに住むヒョヌの家族をご紹介します。

ペク・ドゥグァン役【チョン・ベス】

韓国ドラマ『涙の女王』でペク・ドゥグァン役のチョン・ベス
https://tvn.cjenm.com/ko/queenoftears/

・60歳
・ヒョヌの父
・ヒョンドゥリの里長

ヒョヌの父親であるペク・ドゥグァン。ヒョヌがクイーンズグループの婿になったのをきっかけに、過去の功績がたたえられてヨンデゥリ(龍頭里)の里長になった。村人たちから温かく迎えられており、そのうれしさをバネに、里を観光地に変えようと奮闘する。

ヒョヌの優しい父親ペク・ドゥグァンを演じるのは、俳優のチョン・ベスさん。チョン・ベスさんといえば、『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』でウ・ヨンウの父親役を演じて話題になった俳優のひとり。ドラマを通して、良きパパとしてのイメージが根付いていますよね。

バラエティやトーク番組への出演が少ないために、役のイメージが先行してしまうチョン・ベスさんですが、現実世界でも子供思いのパパであるそうです。さらに、トーク力にも定評があります。現場ではムードメーカーとしてキャスト陣を盛り上げているのだとか。

今作では田舎の里町として、婿入りしたヒョヌをサポートする存在を務めているチョン・べスさん。ヒョヌ夫婦の冷め切った夫婦関係とは対照的に、熟年ながらの面白いやりとりを見せてくれるペク夫婦に注目です。息子の心の内を知った父親が、息子をどのようにサポートしていくのかも気になるところですね。

チョン・ボンエ役【ファン・ヨンヒ】

https://tvn.cjenm.com/ko/queenoftears/

・61歳
・ヒョヌの母
・生まれも育ちもヒョンドゥリ
・ヒョンドゥリのスーパー「ドンドゥ里」のオーナー

ヒョヌの母で生まれも育ちもヨンデゥリ(龍頭里)で同じ町内のドゥグァンと結婚したチョン・ボンエ。村では縁台のある小さなスーパーを経営しているオーナー。村の中で最高の農婦として知られており、畑や果樹園、田んぼでの農作業をこよなく愛している。

強い嫁、そして強い母のチョン・ボンエを演じているのは、女優のファン・ヨンヒさん。下積み時代の長かったファン・ヨンヒさんですが、現在は名バイプレイヤーとしてさまざまな作品に出演しています。どんな母親役もハマり役にしてしまうファン・ヨンヒさんですが、実は結婚はされていません。母親のイメージが強いため、現実世界とのギャップに悩む時期もあったのだとか。

そんなファン・ヨンヒさんが「自身でも泣けるほど演技に入り込んだ」と公言しているのが、2019年放送の『あなたが眠ってる間に』のスジの母役。どこか、ご自身と重なる部分があったようですね。

今作でファン・ヨンヒさんは、明るく元気なヨンドゥリのスーパーのオーナーを演じています。家族思いの母親として、息子の決断をどう解釈し、どう背中を押すのか注目です。

ペク・ヒョンテ役【キム・ドヒョン】

韓国ドラマ『涙の女王』でペク・ヒョンテ役を務めるキム・ドヒョン
https://tvn.cjenm.com/ko/queenoftears/

・37歳
・元ボクシング選手(全国大会同メダリスト)
・ヒョヌの兄

ヒョヌの兄であり、元ボクシング選手。全国体育大会では銅メダリストに輝いた経歴を持ち、現在はクイーンズボクシングジムの館長として働く。実家暮らしの彼は、周囲から「居候」として見られているが、彼は親を支えているつもりでいる。

どこか頼りないヒョヌの兄を演じるのは、俳優のキム・ドヒョンさんです。キム・ドヒョンさんはその演技力はもちろん、バラエティ番組やトーク番組でも活躍している人気俳優です。韓国演劇界の巨匠を父に持ち、声優を母に持つキム・ドヒョンさん。用意周到でなんでもこなす性格は、芸能に長けた両親ゆずりなのかもしれませんね。

今作では実際のキム・ドヒョンさんとは違った性格の役どころを演じますが、ヨンドゥリでの姿がしっくりくるから不思議です。「役としての人物」を大切にするキム・ドヒョンさんだからこそ、違和感なくヒョヌの兄を務められるのかもしれません。アドリブ力にも定評のあるキム・ドヒョンさん。今作でも見せるアドリブにも注目ですね。

ペク・ミソン役【チャン・ユンジュ】

韓国ドラマ『涙の女王』でペク・ミソン役を務めるチャン・ユンジュ
https://tvn.cjenm.com/ko/queenoftears/

・40歳
・ヨンドゥリの美容院を経営
・ヒョヌの姉

ヒョヌの姉であり、美容院クイーンズヘアサロンの院長を務める人物。年下の夫と結婚しているが、夫は7歳の息子を連れてサンフランシスコで博士課程中。夫と息子の暮らしを支援するため、美容室の運営に力を入れている。

家族思いな姉ペク・ミソンを演じるのは、モデルで女優のチャン・ユンジュさんです。チャン・ユンジュさんは優れたスタイルとクールな見た目が特徴的であり、どのドラマにもインパクトを与えてくれる存在ですね。韓ドラ好きには女優として有名なチャン・ユンジュさんですが、実はトップモデルとしてキャリアを築いていた方です。

というのも、韓国人モデルが海外で活躍する道を築いたのがチャン・ユンジュさんなんです。女優としての活動は2015年から開始しており、それまではモデルとして活躍されてきました。どこかミステリアスな雰囲気とは裏腹に、お笑い芸人を目指していた過去があるほど、陽気で明るいチャン・ユンジュさん。インスタの投稿も面白いと話題です。

今作でチャン・ユンジュさんは、弟のヒョヌを心配しつつ、ユニークな一面を持ち合わせている姉役を演じています。ヨンドゥリに住むヒョヌの家族のまとめ役として、どんな一面を見せてくれるのか期待です。

『涙の女王』のキャスト一覧|龍頭里の人たち

ヒョヌの故郷であるヨンドゥリには、個性豊かな里人たちが住んでいます。

カンミ役【パク・ソニョン】

韓国ドラマ『涙の女王』でカンミ役のパク・ソニョン
https://tvn.cjenm.com/ko/queenoftears/

ヨンデゥリ(龍頭里)で政治的右腕として活動するチュンシクの妻。カドラ通信の根源地であり、ヒョヌの姉が経営する美容室の常連。

バンシル役【イ・スジ】

韓国ドラマ『涙の女王』でバンシル役のイ・スジ
https://tvn.cjenm.com/ko/queenoftears/

カンミと同じく、ヒョヌの姉が経営する美容室の常連。ヒョヌが幼いころは、教会のお姉さんだった。ヒョヌの初恋は自分だと信じて疑わない。

ヒョンジョン役【イ・ジヘ】

韓国ドラマ『涙の女王』のヒョンジョン役イ・ジヘ
https://tvn.cjenm.com/ko/queenoftears/

ヨンデゥリ(龍頭里)に住む女性。ヒョヌの姉が経営する美容室の常連。

『涙の女王』のキャスト一覧|そのほかの人たち

『涙の女王』に出演する豪華キャストをご紹介します。

グレイス・コ役【キム・ジュリョン】

韓国ドラマ『涙の女王』でグレイス・コ役のキャスト:キム・ジュリョン
https://tvn.cjenm.com/ko/queenoftears/

売れっ子「女仲人」だった人物。クイーンズ家の人々には、コ顧問という肩書で呼ばれている。かつては彼女を通さなければ上流層を結婚させないと言っていたが……。クイーンズ家に出入りする人物の中でも、心中の分からない人物である。

ナ秘書役【ユン・ボミ】

韓国ドラマ『涙の女王』でナ秘書役のユン・ボミ
https://tvn.cjenm.com/ko/queenoftears/

ヘインの秘書であり、ワーキングマザーとして働く人物。結婚して3年が経つ。人生についてヘインと共感できることが多い。

キム・ヤンギ役【ムン・テユ】

https://tvn.cjenm.com/ko/queenoftears/

大学時代、ヒョヌと同期だった人物。現在は売れっ子の離婚専門弁護士として働く。ヒョヌの友人であり、ヒョヌが唯一本音を話せるのが彼。

ヒョヌの秘書役【チョン・ジファン】

https://tvn.cjenm.com/ko/queenoftears/

ヒョヌの秘書を務める人物。

カメオ出演|ソン・ジュンギ

韓国ドラマ『涙の女王』にカメオ出演するソン・ジュンギ
https://www.instagram.com/highziumstudio/
  • 子役|ユン・ウンソンの子役【イ・ジュウォン】
  • 子役|キム・ジュンイの子役【キム・ジュンイ】

『涙の女王』の相関図

韓国ドラマ『涙の女王』の相関図
https://tvn.cjenm.com/ko/queenoftears/
https://tvn.cjenm.com/ko/queenoftears/

メインキャストの3人を中心に、さまざまな人物の心が揺れ動くヒューマン×ラブストーリー。結婚3年目にして離婚危機の2人の恋路に注目です。

『涙の女王』のあらすじ

田舎(龍頭里)出身のペク・ヒョヌ(キム・スヒョン)が財閥のホン・ヘイン(キム・ジウォン)と結婚。周囲からは円満に見えた夫婦だが、結婚3年目にしてすれ違い生活から離婚の危機を迎える。しかしある事件をきっかけに、2人の関係に変化が。

『涙の女王』のOST

  • しきりに笑うようになって/ブソクスン(BSS)
ゆいみ

『涙の女王』の主題歌は、ブソクスン!セブチのボーカル3人の優しい曲調と歌声にキュンとしますね♡

  • ブソクスン:SEVENTEENボーカルメンバーのホシ、スングァン、ドギョムで結成されたユニット。

『涙の女王』の感想

ゆいみ

サ、サムマイウェイ・・・・・・♡笑
ヘインはいかにも財閥の娘!という気の強い女性ですが、愛すべき要素がたくさんありますね♡ツンデレ感、最高です!

人気度をチェック

『涙の女王』の人気度をチェック

結果を見る

Loading ... Loading ...

おすすめポイントをチェック

現在、掲示板作成中です。

みなさまのコメントお待ちしております^^/

『涙の女王』が好きな方におすすめのドラマ

コメディ要素を満載に盛り込みながらも、呼吸を忘れて見入ってしまう美しいシーンが多い今作。キュンとする要素を盛り込みつつ、ユニークなドラマをご紹介します。

『涙の女王』と似ているドラマ

ゆいみ

ただいま調査中です!

『涙の女王』のキャストが出演しているドラマ

  1. 『星から来たあなた』
    キム・スヒョン出演ドラマ。1609年に朝鮮に舞い降りた宇宙人役を演じて「ハマり役」と話題に。チョン・ジヒョンとの息の合う演技に魅了されるラブコメディ。
  2. 『サムマイウェイ』
    高校時代にテコンドー選手として活躍していたドンマン(パク・ソジュン)と、幼なじみのエラ(キム・ジジウォン)の誰もが羨む友情を描いたストーリー。
  3. 『たった一人の私の味方』
    パク・ソンフン出演。意図せず殺人犯となってしまったヨンフン(チェ・スジン)と弟のドンチョル(イ・ドゥイル)を中心に、さまざまな人の人生が交差するヒューマンストーリー。

コメント

タイトルとURLをコピーしました